>>>12/2(木)23:59までAmazonブラックフライデーセール開催中!タップで会場へ

自作PCで無線LAN(Wi-Fi)を使う方法3つをわかりやすく解説

自作パソコンでWiFiを使う方法

この記事を3行でまとめると……

  • FPSゲームをしないならUSB接続タイプのWi-Fiアダプターが手軽
  • FPSをする場合、PCIeに差し込む拡張カードがおすすめ
  • Wi-Fi付きのマザーボードはコスパ悪い

自作PCで地味に悩むのが、ネットに接続するためのWi-Fi(ワイファイ)ですよね。

サナ
サナ

LANケーブルを伸ばすのは面倒だ……

そこでこの記事では、自作PCを組んだことがある私「がーと」が自作PCでWi-Fiを使う方法をカンタンな方から3つ紹介していきます。

この記事を読めば、もうLANケーブルをひっぱって配線する必要はなくなります!

結論から言うと、自作PCでWi-Fiを使うにはUSB接続のWi-fiアダプターを購入するのがベストです。

安定性通信速度が必要なFPSゲームなどをやる場合は、こちらのPCIeスロットに直接差し込むタイプがおすすめ。

12/2(木)23:59までAmazonブラックフライデー!
\今年最後のセールです/
スポンサーリンク

マザーボードにWi-Fi機能は必要?

サナ
サナ

Wi-Fiを使うにはWi-Fi付きのマザーボードを買ったほうが良いの?

がーと
がーと

実は買わないほうがいいんです……

Wi-Fi付きのマザーボードは「USBポートやPCIeスロットを消費せずにWi-Fiが使える」メリットがあります。

が、それだけです(笑)

MINI-ITXなどの小さいケースで組む場合は、スロットを塞がないので便利ですが……

気になるデメリットはこんな感じ。

Wi-Fi付きマザーのデメリット

  • Wi-Fi付きマザーボードより高価
  • 故障すると交換できない
  • 新しい通信規格が出ても気軽に試せない
  • アンテナがかさばる
  • 種類が少なめ

なのでMINI-ITXなどの小さいケースで組むとき以外は、Wi-Fi付きマザーボードを買う必要はありません。

くわしい比較は、こちらの記事で書いていますよ!

>>>マザーボードにWiFi機能は必要?後付けの無線LANカードと比較してみた

自作PCでWi-fiを使うための3つの方法

自作PCでWi-Fiを使う方法は、この3つです。

自作PCでWi-Fiを使う方法

  • USB接続のWi-Fiアダプターを使う
  • 無線LANの拡張カードを増設する
  • Wi-Fiが付いているマザーボードを選ぶ

それぞれの特徴を表に整理してみました。

かかる費用手間通信の快適さ信頼性コスパ
Wi-Fiアダプター安いいちばん手軽そこそこあまり無い良い
Wi-Fi付きマザーかなり割高ほぼかからないかなり快適高い悪い
Wi-Fi拡張カード高いちょっと面倒かなり快適高い良い

一番オススメなのは、USB接続のWi-Fiアダプターを使う方法ですね。

安くできて手間もかからないし、そこそこ快適な通信速度が出るのでタイムラグなどにこだわらない方にぴったりです。

FPSゲームをするなど、信頼性や遅延を気にする方はマザーボードのPCI-e端子に直接接続する「Wi-Fi拡張カード」を選ぶといいですね。

……とはいえ無線には限界があるので、やはりLANケーブル(有線)でプレイするのがいちばんですが。

それぞれ解説していきますね!

USB接続のWi-Fiアダプターを使う

いちばん簡単で安くできるのが、USB接続のWi-Fiアダプターを使う方法です。

サナ
サナ

USB接続のWi-Fiアダプターって?

がーと
がーと

こんなやつです

USB接続のWiFiアダプター

パソコンのUSBポートに刺すだけで使えるので、買ってすぐにWi-Fiにつなげますよ!

指先くらいのサイズなのに、動画を見たりSNSをしたり……という使い方なら十分すぎるくらいの性能。

もちろん動きが激しくないRPGなどもストレスなくできます。私はWarThunder(対人TPS)を始めるまでこのWi-Fiアダプターを使っていましたが、性能不足を感じたことはなかったですね。

しかも価格も手頃なので、とにかく手軽にWi-Fiを使いたいという方にぴったりな方法です。

サナ
サナ

おすすめの商品はある?

おすすめのWi-Fiアダプターは、BUFFALOのスティックタイプです。

手頃な値段ですし、現在(2021年10月31日時点)いちばん普及している802.11ac規格(Wi-Fi 5)に対応しているので、通信速度に困ることはありませんよ。

私が買ったのはもっと小型のWi-Fiアダプターですが、これは長時間使うと熱くなりやすいのであまりオススメしません。

費用を1000円でも安くしたい場合はアリかもしれませんが、上のスティックタイプを選ぶほうが幸せになれます。

私は予算が少なかったので、安さにつられて小型のものを選んでしまいましたが……

USB接続Wi-Fiアダプターのメリット

  • 取り付けがカンタン
  • コンパクト
  • コスパがいい
  • 通信速度もまあまあ快適
  • USBポートがあればどんなPCでも使える

USB接続Wi-Fiアダプターのデメリット

  • FPSなどの動きが激しいゲームは厳しい
  • 小型のものは長時間使うと熱くなりやすい
  • 古いマザーボードだと電波が干渉するかもしれない

Wi-Fi拡張カードを増設する

いちばん手間がかかるのが、Wi-Fiの拡張カードをPCIeスロット(グラフィックボードなどを挿すスロット)に増設するという方法です。

サナ
サナ

価格も安くないし、手間もかかるって……良いところなんて無いんじゃない?

がーと
がーと

そんなことありませんよ!

Wi-Fiの拡張カードを増設する方法のメリットは、USB接続より安定してWi-Fiが使えることです。

通信速度はそんなに差があるわけではないですが、PCIeスロットに直接接続するのでガッチリ固定できるんです。それにアンテナが2本付いていることも多く、安定して電波を受信できますね。

なのでFPSなどの動きが激しいゲームをする場合、USB接続よりPCIeスロットに差し込むタイプがオススメです。

もちろんいちばん良いのは有線接続ですが、有線と無線を比較しているこちらの記事「無線と有線を比較!オンラインゲームのネット回線は速度・ping・安定性で決めよう」を見てみると、

  • 有線:Ping 6ミリ秒
  • 無線:Ping 8ミリ秒

※Pingは通信にかかる時間(タイムラグ)のこと

だったので、有線とくらべてめちゃくちゃ遅くなるわけではありません。

なのでどうしても有線LANケーブルをPCまで引けない場合は、PCIeスロットに差し込むタイプのWi-Fi拡張カードを購入するといいですね。

自作PCでBluetoothが使いたい場合も、Wi-Fi拡張カードがおすすめです。だいたいBluetooth機能も付いていることが多いので、これを1つ取り付ければWi-FiとBluetoothが両方使えるようになりますよ!

Wi-Fi拡張カードのメリット

  • 通信が不安定になりにくい
  • ルーターとの距離が遠めでも安心
  • Bluetoothも使えるものが多い

Wi-Fi拡張カードのデメリット

  • 取り付けがちょっと面倒
  • USB接続のWi-Fiアダプターより高価

Wi-Fiが付いているマザーボードを選ぶ

まだ自作パソコンを組み立てていないなら、もともとWi-Fi機能がついているマザーボードを選ぶという手もあります。

あとから何もつけなくてもWi-Fiが使えるので、USBポートやPCIeスロット(グラフィックボードなどを挿す端子)が少ない小型のパソコン向け

WiFi付きのAMD用マザーボード

USB接続のWi-Fiアダプターを使うと空きのUSB端子が1つ減ってしまいますし、PCIeスロットに挿す無線LANカードを使ってもスロットの空きが減ってしまいますよね。

Wi-Fiが付いているマザーボードなら、USBポートもPCIeスロットもフルで使えます

なので小型PCを組むときは、Wi-Fi付きマザーボードを選ぶといいですね。というかWi-Fi付きのマザーボードはだいたいMicro-ATX(標準より小さめサイズ)やMini-ITX(超小型)規格なんです。

自作パソコンを組んだあとではできないのが欠点ですが、まだ組んでいないならWi-Fiがついているマザーボードを検討するのもアリですね。

Wi-Fi付きマザーボードの最大のデメリットは、普通のマザーボード+Wi-Fi拡張カードを買うより高価になること。製造台数が少ないので仕方ないのかもしれませんが……

あとはアンテナが大きいものが多いので、アンテナを置くスペースが必要な点もデメリットです。デスク周りをスッキリさせたい場合、デカいアンテナとケーブルがごちゃごちゃしていると嫌ですし。

Wi-Fi付きマザーボードのメリット

  • 通信速度が速い
  • USB端子やPCIeスロットをふさがない
  • Bluetoothも付いていることが多い

Wi-Fi付きマザーボードのデメリット

  • かなり割高
  • 種類が少なめ
  • アンテナを置く場所が必要

自作PCでWi-Fiを使う方法まとめ

今回は、自作PCでWifiを使う方法を紹介しました。

自作PCでWi-Fiを使う方法

  • USB接続のWi-Fiアダプターを使う
  • 無線LANの拡張カードを増設する
  • Wi-Fiが付いているマザーボードを選ぶ

なんだかんだ言って、USB接続のWi-Fiアダプターが最強です。

まだ自作パソコンを組んでいないならWi-Fiが付いているマザーボードを選ぶのも良いですが、やはりUSB接続のWi-Fiアダプターのほうがコスパが良いですね。

FPSなどの動きが速いゲームをする場合は、Wi-Fi拡張カード一択。安定して電波をキャッチしてくれるので、急に通信が途切れてイライラすることが減ります。

自作パソコンでも無線LANが使えると、置く場所を自由に決められるので部屋の模様替えも手軽にできるようになりますよ。

ぜひWi-Fiアダプターを使ってLANケーブルから自由になりましょう!

created by Rinker
バッファロー
¥2,608(2021/12/01 03:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

「自作PCを組みたい!」という方は、こちらの記事も読んでみてください!!

>>>【保存版】初心者向け自作PCの作り方まとめ!トラブルの対処法まで完全解説

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました