マザーボードにWiFi機能は必要?後付けの無線LANカードと比較してみた

マザーボードにWi-Fi機能は必要?

こんな悩みを解決します↓

  • ちょっと高価くてもWi-Fi付きを買ったほうがいいのかな?
  • Wi-Fi付きのマザーボードはどんなメリットがあるの?
  • Wi-Fiを使いたいならWi-Fi付きマザーを買うしかないの?

マザーボードにはWi-Fi機能が付いているものと付いていないものがあるので、どちらが良いのか迷うことが多いです。

Wi-Fiは後からも付けられるので、最初からWi-Fi付きのマザーボードを買っても、後からWi-Fiカードを買って取り付けても同じように感じますよね。

結論からいうと、Wi-Fi付きマザーボードを買ってしまうと損です。メリットもありますが、Wi-Fiカードを増設するほうがはるかに幸せになれますよ。

この記事では、マザーボードについているWi-Fi機能のメリットと、後付けWi-Fiカードのメリットを詳しく解説します!

スポンサーリンク

マザーボードにWi-Fi機能は必要?

冒頭でも書きましたが、マザーボードに付いているWi-Fi機能は基本的にいらないです。

サナ
サナ

なんで?

がーと
がーと

後付けのほうがメリットが多いんです

なのでよほどの理由(Wi-Fiカードを後付けできない超小型PCを組むなど)がないかぎり、Wi-Fiなしのマザーボード+後付けのWi-Fiカードの組み合わせがベターですよ。

Wi-Fiカードというのは、マザーボードのPCI-eスロットなどに増設してWi-Fiを使えるようにするカードです。

PCI-e x1のスロットが1つあれば使えるので、ほぼ全てのマザーボードに取り付けられますよ。

Wi-Fi付きマザーボードのメリット

これまでさんざん悪く言ってきたWi-Fi付きのマザーボードですが、意外なメリットもあります。

それは、マザーボードのスロットを消費しないこと。

後付けのWi-Fiカードは、どうしてもPCI-eスロットやUSBポートなどを1つ塞いでしまいますよね。

その点、Wi-Fi付きのマザーボードなら専用のアンテナ端子がついているので、スロットを減らさずにWi-Fiが使えます

Mini-ITXなどの小型マザーボードの場合、PCI-eスロットが1つだけだったりUSBポートが少なかったりするので、スロットを消費しないのはかなり嬉しいです。

逆にいうと、スロット数が多いATXサイズのマザーボードではメリットがほぼ無いわけです。

Wi-Fiカードのメリット

私がおすすめする「Wi-Fiカード」のメリットはこんな感じです。

Wi-Fiカードのメリット

  • Wi-Fi付きマザーボードより安い
  • 故障しても交換できる
  • 新しい通信規格が出たときすぐ試せる
  • コンパクト
  • 種類が多いので好みで選べる

それぞれ解説しますね。

Wi-Fi付きマザーボードより安い

そもそも、Wi-Fi付きのマザーボードより「普通のマザーボード+Wi-Fiカード」を買うほうが安いです。

価格.COMで同じグレード(チップセットがB560)の最安マザーボードを比較してみましょう。※価格は2021年9月2日時点

まずはWi-Fiありのマザーボード。最安のものでも1万5000円近くします。

それでは、Wi-Fiなしのマザーボードを見てみましょう。最安が8,000円で、2位~も1万円前後の価格ですね。

1位どうしを比べてみると、差額は

14,959円 – 7,990円 = 6,969円

ですね。

サナ
サナ

じゃあWi-Fiカードの価格はどれくらいなの?

がーと
がーと

4,000~6,000円くらいが相場です

たとえば、こちらのPCI-e接続のWi-Fiカードは4,500円くらいで買えます。Wi-Fi6(IEEE802.11ax)に対応しているので、スペック的にも見劣りしませんね。

もしこのWi-Fiカードを差額で買ったとすると、

6,969円 – 4,580円 = 2,389円

もお得ですよね。

2,300円もあればLEDで光るファンやCPUクーラーなども買えるので、この差はかなり大きいですよ!

故障しても交換できる

2つ目のメリットは、Wi-Fiカードなら故障してもカンタンに交換できること。

マザーボードのWi-Fi機能は、故障してもそれだけ交換するわけにはいきません。マザーボードごと交換するか、別のWi-Fiモジュールを増設する必要があります。

マザーボードごと交換する場合は、CPUに合ったマザーボードを探さないといけないんですが、その頃にはだいぶ種類が減っているはず。もしかしたら新品はないかもしれません。

そうなるとCPUやメモリを最新のものでそろえることになるので、かなりフトコロが寂しくなりますね。

でも後付けのWi-Fiカードなら新しいものに取り替えるだけでいいので、故障したときの出費が少なくなりますよ。

新しい通信規格が出たときすぐ試せる

Wi-Fiは日々進化しているので、通信規格もどんどん変わっていきます。実際、今(2021年)はWi-Fi6(=802.11ax)が最新の規格ですが、2~3年前はWi-Fi5(802.11ac)が最新でした。

Wi-Fiカードを使っているなら、新しい通信規格が出たときにすぐ試せます。だってカードを交換するだけなので。

マザーボードのWi-Fi機能だと、新しい規格に対応するためにはマザーボードを交換する必要がありますよね。(それならWi-Fiカードを増設しろって話ですが)

なので「新しい通信規格が出たときすぐ使ってみたい!」という方は、Wi-Fiカードを使ったほうが手間がかかりませんよ。

コンパクト

マザーボードについているWi-Fiは、机や床に置くタイプのアンテナがついていることが多いです。

そこまで大きいものじゃないですが、机の上をスッキリさせたい場合ジャマですよね。

Wi-Fiカードならアンテナが直接ついているタイプが多いので、コンパクトにまとまります。

種類が多いので好みで選べる

Wi-Fi付きのマザーボードは全体的な数が少ないので、自分の好みにあったマザーボードを選びにくいです。

その点Wi-Fiカードなら、M.2スロットに接続できるタイプやおしゃれな製品など色々あって、「買ってよかった」と思える商品に出会いやすいです。

こちらはM.2接続のWi-Fiカード。コンパクトなのでケース内をスッキリさせたい場合に役に立ちます

側面が透明なPCケースを使うなら、こちらのワインレッドのWi-Fiカードを選ぶのもいいかもしれませんね。

マザーボードのWi-Fiまとめ

今回は、マザーボードについているWi-Fi機能のメリットと、後付けWi-Fiカードのメリットを詳しく解説しました。

Wi-Fi付きマザーボードのメリット

  • マザーボードのスロットを消費しない

Wi-Fiカードのメリット

  • Wi-Fi付きマザーボードより安い
  • 故障しても交換できる
  • 新しい通信規格が出たときすぐ試せる
  • コンパクト
  • 種類が多いので好みで選べる

ホントによほどの理由がないかぎりWi-Fi付きのマザーボードを選ぶメリットはないので、迷わずWi-Fiカードをポチってください!

マザーボード選びで迷っている方は、こちらの記事もどうぞ!

>>>意外と重要!自作PCのマザーボードの選び方をくわしく解説

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました