SSDの容量は「256GB」か「512GB」のどっちを選ぶべき?

SSDの容量は256GBか512GBのどちらがベスト?

こんな悩みを解決します

  • 256GBでは心もとないけど、512GBも使うのかな……
  • どちらのほうがコスパが良い?
  • 今は256GBで足りてるんだけど……

パソコンを買い換えるときに地味に悩むのが、SSDの容量ですよね。

SSDはあとから変えるのが難しいので、容量選びで失敗するとかなりツラい

そこでこの記事では、「128GB」「256GB」「512GB」といろいろな容量のSSDを使ってきた私「がーと」が、SSDの容量はどれくらいがベストなのか解説します。

結論から言うと、特別な理由がない限りSSD容量は512GBがベストです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
がーと

自作パソコン歴2台のかけだし自作erです。
ノートパソコンを分解したり、中古パーツで自作PCを組んだり。
詳しいプロフィール

SSD容量は512GBがベストな3つの理由

冒頭でも書きましたが、どうしても!という理由がないかぎりSSD容量は512GBがベストです。

理由はこんな感じ。

SSDは512GBがベストな理由

  • 512GBがいちばんコスパが良い
  • SSDは満タンだと寿命が短くなる
  • 外付けドライブは重いし面倒

それぞれくわしく解説していきますね。

512GBがいちばんコスパが良い

2021年現在、3.5インチSSDは512GBがいちばんコスパが良いです。

サナ
サナ

なんで?

がーと
がーと

1GBあたりの価格を計算してみればわかります

実際に、価格ドットコムの売れ筋ランキング上位にいるSSDで、1GBあたりの価格を計算してみました。

128GB(KLEVV NEO N400 K120GSSDS3-N40):18.1円

256GB(BIOSTAR S120 S120-256GB):14.3円

512GB(crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP):12.3円

ご覧のとおり、1GBあたりの価格がいちばん安いのは512GBですよね。

サナ
サナ

むむむ、1TBはもっと安いんじゃない?

がーと
がーと

実はそうなんです……

たしかに1TBのSSDなら、1GBあたりの価格はもう少し安いものが多いです。

でも、1TBも必要なのは動画編集や3Dゲームをする場合だけ。

1TBも使わないのに買っても意味がないので、512GBがいちばんコスパが良いかと。

SSDは満タンだと寿命が短くなる

サナ
サナ

今のパソコンに入っているデータは200GBくらいだから、256GBで十分じゃないの?

がーと
がーと

ダメです!

SSDはデータが満タンまで入っていると、めちゃくちゃ寿命が短くなってしまうからです。

自分が使うギリギリの容量を選ぶと、すぐにSSDが壊れる原因になるのでおすすめしません。

サナ
サナ

どれくらい空き容量があれば良いの?

がーと
がーと

15~30%くらいが目安です

さらに「Windowsアップデート(定期的にある不具合修正)」もSSDの空き容量をたくさん使うので、ギリギリの容量だとすぐにいっぱいになってしまいます。

SSDの容量に余裕がないと良いことがないので、そんなにデータがない方でも512GBにしておくと安心ですね。

外付けドライブは面倒

サナ
サナ

SSDの容量が足りなくなったら、外付けドライブを買えば良いんじゃない?

がーと
がーと

外付けドライブは面倒ですよ……

外付けドライブというのは、SSDをUSBケーブルでつなげるようにしたものです。

これをパソコンに繋げるだけでSSDの働きをしてくれるというスグレモノですが、パソコンと一緒に持ち歩くものが1つ増えてしまいます。

しかも最近の外付けSSDは小さいので、どこかに置き忘れてしまうかもしれません。

移動するときに毎回「SSD持ったかな?」と確認するのは面倒ですよね。

なので、パソコンを持ち歩く方にはストレスの原因になること間違いなし(笑)

512GBのSSDにしておけば、持ち運び用のパソコンとしては十分な容量なので外付けSSDを使う必要はありません。

スポンサーリンク

じゃあ256GBでもOKな場合はある?

サナ
サナ

256GBでもOKな場合ってあるの?

がーと
がーと

ありますよ!

256GBでもじゅうぶんなパターンはこの3つです。

256GBでも足りる場合

  • SSDやHDDを2つ以上搭載している
  • 週に1回くらいしか使わない
  • 持ち運びする予定がない

それぞれくわしく解説しますね。

SSDやHDDを2つ以上搭載している

SSDやHDDを2つ以上搭載しているパソコンの場合、Cドライブ(Windowsが入っているSSD)は256GBで十分足ります。

まさに私がそのパターンで、

  • Cドライブ(240GB):Windowsとソフト類
  • Dドライブ(512GB):データ専用
  • Fドライブ(1000GB):バックアップ用

という具合に使いわけています。

週に1回くらいしか使わない

家族共用のパソコンなど、週に1回くらいしか使わないケースでも256GBで大丈夫です。

ソフトもそんなに入れないでしょうし、写真を保存したくなれば外付けのSSDを買えばいいので問題ありません。

わが家にある家族共用パソコンのSSDは、なんと128GBです(笑)

持ち運びする予定がない

持ち運びする予定がないノートパソコンも、いざ容量が足りなくなったら外付けSSDを使えばいいので256GBを選んでも問題ありません。

持ち運ばないなら、つねに外付けSSDをつけていてもジャマにならないですし……

もちろん、家の中を移動するくらいなら全然OKです。

512GBでも足りない用途は?

ほとんどの用途では512GBで足りますが、大容量のファイルをたくさん扱う場合は512GBでも足りないことがあります。

たとえばこんな感じですね。

512GBでも足りない用途

  • 15分以上の長い動画を編集する
  • 撮影した動画や写真を大量にPCに入れる
  • RAW現像をする
  • 3Dゲームソフトを10本以上インストールする
  • DTM(デスクトップミュージック)を本格的にやる

とはいえ、「512GBでは足りないと思って1TB(約1000GB)にしたけど、結局半分も使わなかった……」となると滅茶苦茶もったいないので、とにかく容量が大きければいいわけではありません

最近は外付けのSSDも安くなってきたので、足りなくなったときは簡単に容量を増やせます。

なので、512GBで足りないか不明なら、とりあえず512GBにしておいて足りなくなってから外付けSSDを購入するのもアリかもしれません。

迷ったら512GBを選べばOK:まとめ

今回は、「SSD容量は512GBがベストな3つの理由」を解説しました。

SSDの容量は多くても困らないので、とにかく迷ったら512GBを選んでおけば、まず失敗しません

まさに「大は小を兼ねる」というやつですね。

ぜひ余裕を持ったSSDを選んで、容量不足とはおさらばしましょう!

ちなみにSSDはとつぜん壊れてデータが読み込めなくなることがあるので、毎日バックアップするのをオススメします。

設定しておけば自動でバックアップしてくれるソフトがあるので、手軽にできますよ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

>>>BunBackupの使い方とバックアップの自動化方法を解説

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました